子どもの習い事にかかる費用はどのくらい?

始める前に知っておきたい!子ども向け習い事の平均の数、費用の実情

 

「小学校にあがったら子供にいろいろな習い事をさせたい!」そう思っている親御さんは多いのではないでしょうか?

 

やはり、育ち盛りの子供には習い事で何か才能を見つけてほしいと思うのも親心だと思います。

 

でも、家計のやり繰りと様々な費用面を考えると、なかなか難しいのも事実。それに、周りの子供たちはどのくらい習い事をしているのか気になる人も多いでしょう。

 

そこで、実際に子供の習い事にかかる費用と数の相場を調査してみました。これから子供に習い事をさせたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

今の子供たちの習い事の数はどのくらい?

 

今の子供たちが習い事をしている平均数を調べてみたところ、大体2つのようですね。

 

やはり、文武両道分け隔てなく育ってほしいと考える親御さんも多く、「スポーツ系」と「文化系」と異なった種類の習い事をさせているみたいです。

 

しかし、実際のところ半数以上は1つの習い事をさせているようなので、おそらく小学校高学年あたりから他に学習塾に通わせたりする親御さんが多いのではないでしょうか?

 

そう考えると、子供の成長に合わせて習い事を増やしているとも考えられますね。

習い事にかける平均費用はどのくらい?

 

子供1人あたりにかける習い事の費用、月謝についてですが、約5000円~10000円ほどだそうです。

 

一人っ子や兄弟等、ご家庭によって子供の人数は異なりますが、子供それぞれに習い事をさせるとなると、高くて一人15000円くらいを目安にしているみたいですね。

 

実際の月謝に関しては習い事によってまちまちですが、やはり習い事をしている以上どうしてもお金はかさんでしまうものです。

 

例えば、バレエ、ピアノなどの習い事では、定期的に発表会があるので、衣装代やチケット代等の月謝以外のお金が必要になる場合があります。

 

その他にもスポーツ系の習い事では、子供の体格が大きくなるにつれて、ユニフォームやシューズを買い替えないとならないので、習い事を始める際は月謝のほかにトータルでかかるお金も予想しておくといいかもしれませんね

習い事は無理しない範囲で考えましょう

お子さんに習い事をさせたい気持ちはどの親御さんにもあるかと思いますが、無理は禁物です。

 

お子さんのためにたくさんの習い事をさせたい気持ちはわかりますが、その思いが返って子供を疲れさせる場合があります。

 

逆に、習い事を詰め込みすぎて費用がかかり過ぎてしまい、家庭に影響を与えることもあるのです。

 

なので、習い事を始める前に今一度、金銭面や時間に余裕があることを考えると良いでしょう。

 

他にもお子さん本人が習い事を始めたいといって習い事教室に通わせた結果、途中で辞めたいと言い出すこともよくあることです。

 

しかし、お子さんが楽しく続けやすい習い事を選ぶことが大事ですので、始める際はそういった点にも注意していきましょう。お子さんに習い事をさせる前に実際に今の子供たちはどのくらい習い事をしているのか現状を知っておくと良いかもしれません。