子供の習い事・お稽古・教育論

習い事を始める前に知っておきたい子供向け習い事の意味やメリット

親御さんなら一度は「子供にどんな習い事をさせようかな」と考えるものですよね?

 

今では、子供向けの習い事教室が山ほどありますし、学校の友達も習い事をしていたりしますからね。それに、親御さん方の間でもお子さんの習い事の話題で持ち切りになるものです。

 

でも、実際に子供に習い事をさせるのはどうなのか、悩みどころですよね。少なからずお金もかかりますし、本当に習い事をさせる意味があるのか疑問だと思います。そんな疑問を抱いている親御さん方のために、習い事を始める前に知っておきたい心構えやメリットをまとめてみました。

 

子供が習い事をするのにはちゃんとした意味がある

そもそものことですが、子供に習い事をさせて本当に意味はあるのかどうか疑問に思うところですよね。

 

子供に習い事をさせている親御さんは多いものの、一体どういったメリットがあるのか知っておきたいかと思います。

 

「学校の授業で役に立った」「率先して勉強するようになった」「家でよく習い事の話をする」など、習い事を始めてから子供たちの成長に役立っていると実感している親御さんが多いようです。

 

学校の授業で役に立っている

実際に習い事をしていて、学校の授業に役に立ったという子供たちがたくさんいるようです。

 

というのも、学校の授業はスポーツ、勉強問わず様々な事を勉強していきますよね。やはりその中で一つでも得意な分野があれば、他のクラスメイトからも注目をあびますからね。ジャンルを問わず、習い事をしていることで役に立つことが多いみたいですね。

 

子供たちの可能性の幅が広がる

今では「良い学校に出て、良い会社に就く」という考えが薄れてきています。時代の変化もさることながら、人それぞれの価値観や生き方も変化しつつあるのです。

 

もしかしたら、今後は物事を柔軟に考えるスキルが必要になるのかもしれません。なので、将来的に柔軟な考え方ができるように子供のうちから習い事を通じていろんな世界に触れさせる機会を作ってあげるのもいいかと思います。

 

精神的にも成長できる

習い事は、学校の勉強やスポーツに役立つだけでなく、子供の自立心に繋がったり、積極的に勉強をするようになったと、多くの親御さんが習い事のメリットを感じているようです。

 

例えば、柔道、剣道等の習い事教室ではただ単に子供たちに技を教えるだけでなく、精神的にも強くなるように礼儀作法も教えています。

 

そういった教室を見つけて、通わせるのも精神的な成長に繋がっていくかと思います。

習い事選びには注意が必要

今では、子供に習い事をさせるのは当たり前になっていますが、どういった経緯で習わせようと考えていますか?

 

  • 「将来のために幼い頃から習わせたい」
  • 「周りの親も子供に習い事をさせている」
  • 「時間がある子供だからこそ、習い事をさせたい」

 

等など

 

理由はご家庭によって様々だと思いますが、子供たちのことを思ってのことなら、ぜひ習い事をさせるべきでしょう。

 

 

逆にお子さんから「サッカーをやりたい」「ピアノを習いたい」と言ってくることはよくあります。でも、子供が言うことは大体漠然なものです。

 

野球をやりたいと言っても、途中で別のことを始めたいと言い出すのはよくあることです。

 

しかし、習い事を検討するに際し一番大事なのは、子供たちがどんな事に興味があるのかを理解し、習い事を通じて子供たちにいろんな世界を知ってもらうという心構えが必要なのです。

 

ただ、単に子供のわがままに聞こえるかと思いますが、そういった一言に耳を傾け、子供のためを思う気持ちが大事だと思います。そのため、子供に習い事をさせる意味とは「習い事を通じて子供たちの幅を広げる」意味でもあるのです。